検索
  • satokonagayamaroom

【終了】第34回「クィア史に挑戦したい!――女性同性愛史研究の魅力を探求する」ゲスト:藤野裕子(10/23)

日本の歴史なんて、もう研究しつくされているのでは?


そう言われることも多いのですが、実はまだまだ未開拓の領域があります。その一つがクィア史です。なかでも女性同性愛の歴史については、研究されていることよりも、されていないことのほうが、はるかに多いと感じています。私はこれまで民衆史と呼ばれる研究をしてきましたが、その視点を持ちながら、女性同性愛の歴史研究に挑戦してみたいと思っています。なぜ挑戦してみたいのか?


なぜこれまで研究されてこなかったのか? どんな史料が残っているのか? 歴史を明らかにすることに、どんな意味があるのか?


どれについても、明確な答えがあるわけではありません。でも少しずつ言葉にして、話題にして、みんなで考えはじめることが大事だと思っています。

▶︎藤野裕子

早稲田大学文学学術院

専門は日本近現代史。著書に『都市と暴動の民衆史』(有志舎、2015年)、『民衆暴力』(中公新書、2020年)など。




閲覧数:53回0件のコメント