検索
  • satokonagayamaroom

【終了】第20回「なぜ朝鮮史を選んだのかー植民地主義的思考の克服とその先」(2021/8/25)

ゲスト:加藤圭木(一橋大学教員/希望のたね基金理事、Fight for Justice常任委員)


_______________________________

聡子の部屋 第20回

【「日韓」のモヤモヤと大学生のわたし 刊行記念】

「なぜ朝鮮史を選んだのかー植民地主義的思考の克服とその先」

__________________________________


政治的には長年「緊張関係」にある日本と朝鮮半島。

朝鮮半島、人々に対するヘイトスピーチが政治家、SNS、地上波TV、日常生活でも繰り広げられる日本社会。


一方で、10代、20代向けのファッション雑誌は「韓国特集」を出すと必ず完売するなど、若い世代にとって「韓国」は身近な「消費対象」となっています。

ある大学生は「渋谷より弘大(ソウルの街)の方が心理的に近い」と語っています。

第5次韓流ブームが日本中を席巻し、牽引しているのは10代、20代だと言われています。


この矛盾は新しいことではないですが

こうした状況に一番困惑しているのは、10代、20代とも言えるでしょう。

このほど、このような状態をどうにか変えたいと!との思いから 一橋大学の学生が書いた 『「日韓」のモヤモヤと大学生のわたし』が大月書店から刊行されました。SNSなどでは若者を含むKpopファンなどを中心に関心を集めています。


今回の「聡子の部屋」では、監修した加藤圭木さんをお迎えして、本のお話、大学生との関わりの中での見解、ご自身がなぜ朝鮮史を研究するようなったのか、そこで起きていること、社会運動をやり続ける意義などを語り尽くします!


日 時:2021年8月25日(水)18:30開場/19:00開演(アーカイブ配信あり)

参加費:1,500円

方 法:会場参加(定員10名)、またはオンライン配信(YouTube)

   オンライン配信のURLは、開始直前にメール・DMにてお送りいたします。



加藤圭木(一橋大学教員/希望のたね基金理事、Fight for Justice常任委員)


一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了(博士)。著作に『植民地期朝鮮の地域変容――日本の大陸進出と咸鏡北道』 (吉川弘文館、2017年)、『だれが日韓「対立」をつくったのか——徴用工・「慰安婦」、そしてメディア』(共編、大月書店、2019年)、『「日韓」のモヤモヤと大学生のわたし』(監修、大月書店、2021年)。


ページ:https://www.soc.hit-u.ac.jp/teaching_staff/kato_keiki.html


13回の閲覧0件のコメント