top of page
検索
  • satokonagayamaroom

【後から視聴可能】第51回「大切だけど使いづらい「正義」?─日・韓・米のあいだで考える」『〈公正(フェアネス)〉を乗りこなすー正義の反対は別の正義か』刊行記念 ゲスト:朱喜哲さん

更新日:7 日前

booksはこちら


アーカイブ購入:後から視聴はこちら


聡子の部屋

第51回「大切だけど使いづらい「正義」?──日・韓・米のあいだで考える」

刊行記念〈公正(フェアネス)〉を乗りこなすー正義の反対は別の正義か


「正義」や「公正」ということばを日常で使うことはありますか? 日本語でこうしたいわゆる「正しいことば」を使おうとすると、なんだかうわすべってしまったり、あるいは恥ずかしいことのように思われているようです。

 しかしアメリカや東アジアの隣国・韓国において、日本よりもずっとカジュアルにこれらのことばが使われています。そこにはどういう違いがあるのでしょうか。また、こうしたことばの使われ方の違いが、それぞれの社会にどういう影響をもたらしているのでしょうか。

ことばの使われ方と社会のあり方との相関関係を、それぞれの国の事例から考え、語り合います。


アーカイブ購入:後から視聴はこちら



『〈公正(フェアネス)〉を乗りこなすー正義の反対は別の正義か』刊行記念 ゲスト:朱喜哲さん


ゲスト:朱喜哲さん(哲学者)

1985年大阪生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。大阪大学社会技術共創研究センター招へい教員ほか。専門はプラグマティズム言語哲学とその思想史。前者ではヘイトスピーチやデータを用いた推論を研究対象として扱っている。 共著に『ネガティヴ・ケイパビリティで生きる』(さくら舎)、『世界最先端の研究が教える すごい哲学』(総合法令出版)、『在野研究ビギナーズ』(明石書店)、など多数。

閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page